読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cayの趣味の日記

まずは人狼ゲームの戦法とか感想とか

騎士GJによるパワープレイ返し ~人狼の究極の大技!?

 

パワープレイというのは狼の数が狂人を加えることにより村陣営を数的に上回る場合、狼が狼COすることにより、狂人を仲間に引き込み、投票で勝利を確定させるプレイだ。このパワープレイが起きると、村陣営は諦めてしまってすぐに試合が終了してしまうことが多い。 

 

今回はパワープレイを村陣営の狼騙りによりひっくり返すというプレイについての話だ。

ぶっちゃけた話、こんな大技は試みられても成功することはまずないだろうとは思うのだが、理論的には可能なプレイなので成立条件について考えてみる価値は一応ある。

 

7人パワープレイ(PP)でも5人PPでもその中に騎士/狩人が生存していた場合には、狂人を騙して狼を吊り上げることによって、村陣営勝利の可能性がある。その夜に騎士がグッドジョブ(GJ)を出すことが条件だが。つまり、7人PP返しの時には、村3狂1狼3から狼を吊って、さらにその夜に騎士がGJを出して、次の日に村3狂1狼2となると、村3の協力により勝利する道が現れる。

 

そのために狂人を騙せる条件について考えてみたがかなり厳しい

 

 

f:id:Cay:20161122134919j:plain

 

7人パワープレイ返しの成立条件

真占い師(死亡):真置きされるので村3狼3を占っていないこと。狼占い師がいないこと
真占い師(生存):狼置きされるので特に無し、真占い師は初夜に襲撃死したと騙る
狼占い師:真置きされるのでこれまで死亡した6人に黒を打っていないこと、村3に白を打っていないこと
霊媒師(死亡):真置きされるので、狼霊媒師がいないこと
霊媒師(生存):特に無し
霊媒師:霊媒結果が白白であること
真騎士:7人の中に生存していること

あってるかな?間違っていたら、訂正します。

 

5人パワープレイ返しの成立条件

まず、村陣営の内訳に役職者が含まれていたら、騎士が狙い撃ちされ噛まれてしまうため役職者が生存していないことが条件だ。後は、7人の時と同様の考察です(はしょり)。

 

 

 

まあ、条件を考えると難しいので、とりあえずやってみて狂人を騙せたらOKという感じでトライしてみるのがいいと思う。うまく狂人を騙して狼を吊り上げたら、騎士がGJ出す確率は高いので(ランダムに対象を選んだとして7人PPの場合で3分の1、5人PPの場合で2分の1)、チャンスがあったら頑張って欲しい。パワープレイになったら村陣営は心理的にがっくり来てしまうはずなのだけど、それを返すとは強靭な精神力が必要だ。

 

7人PPの時には有能な真霊媒師が残っていて、素早い初動をしてくれたら村はチャンスかもしれない。

つまり、7人の中に有能な真霊媒師が残っていて
その真霊媒師は霊媒結果からPPが起きることを察知しており
4日目、人狼陣営の挙動から狂人と3狼の位置を瞬間的に見切って、素早く、狂人にPP返しをしかける。同時に、残りの2人の村へも対応するという神のようなプレイだ。

 

5人PPの時には前日の真霊媒師のプレイが鍵かな?

つまり、PPの前日に真霊媒師が処刑されるのだが、霊媒結果から翌日にPPが起きることを察知し、遺言として翌日はPPが起きることを予言する(しなくてもいいけどね)。
残された村人は翌日の最初にPP前提の行動を起こすというプレイだ。

 (あるいは、この場合は霊媒師ではなくて、黒を打たれた村人であってもよいかもしれない。なぜなら黒を打たれた村人は人外占い師がわかっているので、そのラインから残留狼の数が透けて見える場合があるからだ)

 

ということでこの夢の様なプレイが成功するためには、厳しい成立条件、神のような村人陣営(但し、騎士を含む)がそろっている必要がある。こんな大技を一度は見てみたいけど、まあ、無理かな?