読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cayの趣味の日記

まずは人狼ゲームの戦法とか感想とか

スリアロ村38幕の振り返り解説が素晴らしい

えっと、表題の内容に尽きるんだけど、この回の第1戦目は占いCOの大浜さんのプレイがすざましくよかった。試合後に武中兄が「大浜、2回黒を打つなんてすげーな」と舌を巻いたぐらいだ。

この第1戦目の振り返り解説が実際にプレイに参加していた大浜さんと田中巌さんとを中心に行われたのだが、大浜さんの好プレイはたまたまだったわけではなく、大浜さんの推理が冴え渡っていたことが解説を聞いてよくわかった。それだけではなく、人狼プレイにおいてどのような視点が大切であるかを大浜さん自身が丁寧に解説してくれている。とても勉強になった。

 

以下に関することは、ネタバレのため要注意

 

 

 

 

 

 

 

実はこの回は人狼のパワープレイで終了したのだが、武中兄は樋口さんの狼COに乗っておけばやっぱりよかった。武中兄視点、樋口さんが騎士である可能性はあるので、騎士GJによるパワープレイ返しの可能性はあるのだ。だから、「人狼を吊っても、次の日で狂人が気づくから無駄」というのは間違いで、人狼を吊って、騎士GJが出たら次の日は2対2になって、視聴者投票により勝てるのだ。しかも、狼目線、騎士は武中兄、樋口の2択であり、騎士GJの出る確率も高い。

そういう意味で前日のうめけんさんの「自分が吊られたら、明日はPPが起きる」との指摘はとてもよかった。だから、うめけんさんが吊られた時点で村は失敗しているのだけどね。うめけんさんの指摘に備えて行動できればよかったのだけど、失敗に気がついてから、PPを返す行動っていうのはやっぱり難しいね。まあ、真占い師がいなかったし。

田中巌さんの「狂人に投票するべきではない」という発言も正しい。人狼は狂人に投票するべきではない。万一、狼が先に狂人に投票してしまったら、村側に裏切られた場合に狂人を吊ることができなくなる。

総じて、この回はうまいプレイヤーが多くて見ごたえのある回だった。